深刻な尿漏れは専門の医療機関を受診しましょう

カウンセリング

女性に多い尿トラブル

尿漏れに悩んでいる方は、実は少なくありません。症状が現れてしまった場合、適切な対策をとりながら、恥ずかしがらずにすぐに病院へ行き、症状の緩和を目指し、快適な生活を送りましょう。

相談

改善のための治療方法

尿漏れは、妊娠により骨盤底筋がゆるみやすくなった女性に生じやすいトラブルです。40代や50代頃から生じ始め、年をとるにつれて尿が多く垂れてくるようになります。改善するためには骨盤底筋のトレーニングが有効で、これは泌尿器科で指導してもらえます。また薬の服用や、尿道を支える手術で改善することも可能です。

ガッツポーズの医師

治したいなら病院へ

少しの刺激が加わっただけで、尿漏れが起きてしまうことがあります。特に女性に見られる症状ですが、ひどい場合には泌尿器科を受診し医師に相談しましょう。生活改善や体操などを毎日行うことで、尿漏れは改善することが可能です。

出産も原因のひとつです

2人の男性ドクター

症状をメモして受診します

尿漏れとは、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう状態をいいます。咳やくしゃみをしたときや、重いものを持ち上げたとき、また、トイレに行くまで我慢できない、排尿に障害がある、などの原因により、尿が漏れてしまいます。また、尿漏れの原因のひとつとして、出産が挙げられます。これは、産道が膀胱や尿道に近いこと、また、赤ちゃんを産んだときに、尿道括約筋や骨盤底筋群の力が弱くなったことから、尿漏れを起こすことがあります。尿道括約筋は、尿を膀胱の中にためておくために必要な筋肉です。そして、骨盤底筋群は、骨盤のまわりにある筋肉です。尿道括約筋や骨盤底筋群の機能が衰えると、腹圧がかかって膀胱が押されただけで、尿漏れの症状が出ます。尿漏れに悩まされた際には、すみやかに医療機関へ出向き診てもらいましょう。

体操をすると改善します

尿漏れに悩まされた際受診する科は泌尿器科ですが、その際に、症状をメモしてから受診することが大切です。事前にメモをしていくことにより、尿漏れのタイプの診断がスムーズになり、より的確な治療を受けることができるメリットがあります。メモの内容は、手術経験、持病、服用している薬、尿漏れが始まった時期、一日の排尿回数、尿意や痛みの有無などが挙げられます。女性の場合は、出産経験の有無や分娩回数も問診で聞かれる内容です。予め把握しておけば、初診の病院でもスムーズに問診票を記入することが出来るでしょう。その結果、診察に至るまでの時間も短縮することが可能です。