キラーストレスを予防する為にストレッサーを理解する

ストレスを抱えやすい人の特徴

ストレスを抱えやすい人・抱えにくい人がいます。ストレスを抱えやすい人は何でも完璧にこなそうとする人、小さなミスが気になったり神経が細やかな人です。人の視線が必要以上に気になったり、神経質な人の特徴です。

ストレスを抱えやすい状況ランキング

no.1

物理的ストレッサーです。

温度・光・気圧・騒音(工事・隣人の出す音・自動車・飛行機など)など環境の刺激によるものです。その他には台風・積雪などの天候、空気の汚れなどもあります。

no.2

生物的ストレッサーです。

内的要因といわれて、風邪・インフルエンザ・虫歯・過労・睡眠不足などです。生物的ストレッサーは自然由来のアレルゲンなども含まれてきます。

no.3

化学的ストレッサーです。

化学物質・有機溶剤などで目・のどへの刺激があるもの、金属・アルコール・タバコ・薬物・食品添加物などがあります。室内の空気環境など大気汚染物質などもあります。

no.4

社会的ストレッサーです。

職場での人間関係・過剰勤務・単身赴任・転勤・失業などです。プライベートでも借金・住宅問題・老人問題・教育問題・隣人とのトラブルなどです。

no.5

精神的ストレッサーです

不安・焦り・いらだち・怒り・緊張など感情を伴うものになります。また、他の人に傷つけられたり、事故を起こすのではなどという不安です。

キラーストレスを予防する為にストレッサーを理解する

腕を広げる人

ストレスの種類と原因

ストレスの種類は物理的・科学的・生物学的・心理的・精神的・社会的なものです。

・物理的なものは気圧の変化・冷暖房による寒暖差、手術・出血などです。
・科学的なものは空気汚染・騒音・タバコ・お酒などです。
・生物学的なものは細菌・花粉などです。

・心理的・精神的なものは離婚・将来への不安・挫折・失敗などです。
・社会的なものは転勤・失業・引っ越し・家庭内暴力などです。


キラーストレスとがんの関係

キラーストレスはがんとの関係があることが研究で発表されています。ストレスはストレスホルモンが増加して、免疫に関した遺伝子にスイッチ入れてしまいます。免疫細胞ががんに攻撃をしなくなってしまうのでがんを進行させてしまいます。慢性的なストレスがあるという場合には常にスイッチが入っている状態になるので、免疫細胞ががんに攻撃をしないということです。

キラーストレスの対策方法とは

対策としてはコーピング(ストレス対処行動)・インドフルネス(あるがままの今を生きる)があります。

・コーピングはストレス解消・リフレッシュ・行動療法・認知療法があります。
問題に向き合い方・別の見方をするという対処方法です。

・インドフルネスは今その瞬間をすべて受け入れようとする気持ちを作るというトレーニングになります。

リラックスする時間を作ろう

ストレスが重いほど苦痛になり、耐えることができなってしまうと重篤な症状にもなりかねません。キラーストレスにならないためにも音楽を聴いたり、運動・カラオケなど盛り上がれるような気分にすることでリラックスができます。